FXにおけるファンダメンタルズとは何か?

FXにおけるファンダメンタルズとは、各国の基礎的な経済状況のこと

ファンダメンタルズとは、その国の経済状況を表す基礎的な条件や要素のこと。たとえば、物価指数や経済成長率といった経済指標、政策金利、経済政策、さらに国によっては原油価格といった要因がファンダメンタルズに含まれます。

これらの要因は、その国の経済の状況や環境を反映する基礎的かつ本質的なものであり、こうしたファンダメンタルズを知ることで、現在の経済状態を大きな視点から捉えることができます。為替相場はファンダメンタルズの状況に大きく左右されますので、FXでトレードするなら、ファンダメンタルズに多少なりとも注意を向けておくべきでしょう。

 

FXで使われる「ファンダメンタルズ分析」とは?

FXには大きく分けて2つの分析手法があります。そのうちのひとつが「ファンダメンタルズ分析」で、各国のファンダメンタルズを総合的に解析することで為替変動を予測していく手法になります。ちなみにもうひとつの手法は「テクニカル分析」と呼ばれるもので、こちらは過去の為替チャートを解析して今後のトレンドを予測する分析方法です。

それでは、ファンダメンタルズ分析では、具体的にどのように為替変動や為替トレンドを分析していくのでしょうか?

FXのファンダメンタルズ分析でトレーダーが判断材料とするのは、主に「経済指標」と「経済ニュース」です。経済指標というのは、先ほど例として挙げた経済成長率などの具体的な数字のこと。特にインフレ率などの物価に関連する指標や、政策金利の決定に影響を及ぼす雇用関連の指標は、多くのFXトレーダーが注目している経済指標となります。

経済ニュースというのは、その名の通り、テレビや新聞、インターネットで得られるあらゆる経済関連のニュースのこと。特に、その国の大統領や中央銀行トップなど、経済に強い影響力を持つ要人の発言は為替相場を左右することが多いので、FXではとても重要な判断材料です。

さて、上記のような多様な要因を検討した結果、たとえば「日本のファンダメンタルズは良好で、アメリカのファンダメンタルズはそれに比べて悪い」という分析結果が得られたとしましょう。この場合、仮に現在日本円の売りの勢いが強かったとしても、将来的には日本円を買う動きが強まり、米ドルは売られるトレンドに変化するだろうと予測することができます。これが、ファンダメンタルズ分析の基本的な仕組みです。

 

ファンダメンタルズ分析のメリットとデメリット

ファンダメンタルズ分析のメリットは、「細かい値動きに左右されず、中長期的な目線でより的確な分析を行える」という点です。たとえばテクニカル分析だけに頼っていると、もっと本質的な大きな経済の流れを見失ってしまい、中長期的なトレンドを読み違えてしまうという可能性もゼロではありません。しかしファンダメンタルズ分析なら、為替変動の基礎となる経済状況を俯瞰して把握できるため、落ち着いて長い目でトレンドを読むことが可能です。

逆にファンダメンタルズ分析のデメリットは、「短期的なトレードにはあまり向いていない」という点。経済というのは非常に複雑で、数え切れないほどの要因が絡まりあって変化するものですから、特に専門家ではない個人投資家が、短期間でファンダメンタルズを適切に分析して相場を予測していくのはとても難易度が高くなります。そのため、短期的な取引でファンダメンタルズ分析のみを頼みにするのは、避けておいたほうが良いと言えるでしょう。

 

ファンダメンタルズのまとめ

最後に、今回ご紹介した内容を、重要なポイントだけピックアップして整理してみます。

  • ファンダメンタルズとは、その国の経済状況を表す基礎的な指標や要素のこと
  • ファンダメンタルズを基に為替相場を予測する「ファンダメンタルズ分析」は、FXの主要な分析手法のひとつ
  • ファンダメンタルズ分析で判断材料となるのは、主に「経済指標」と「経済ニュース」
  • ファンダメンタルズ分析のメリットは、中長期的な目線でトレンドを読めること
  • ファンダメンタルズ分析のデメリットは、短期的なトレードにはあまり向いていないこと

初心者にとってはとっつきづらいファンダメンタルズ分析ですが、総合的な視野で為替相場を判断するには欠かせない、重要な分析手法でもあります。皆さんもぜひ、少しずつでもいいので経済についての知識を深めて、ファンダメンタルズ分析を取り入れてみてくださいね。