FX取引における逆張りとは何か

FXにおける逆張りとは?

逆張りとは、トレンドの流れとは反対方向に売買する投資手法のこと

FXには様々なトレード手法がありますが、それらは大きく2つに分類することができます。それが「順張り」と「逆張り」です。今回解説していく「逆張り」は、簡単に言うと「相場トレンドの流れとは逆方向に売買するトレード手法」のこと。順張りが「相場が上昇基調のときに買って、下降局面のときに売る」というスタイルなのに対し、逆張りは「相場が下降しているときに買い、上昇中のときに売る」というスタイルです。

逆張りは、トレンドの変わり目を予測して、前もって行動するトレード手法。つまり、相場が下がり続けているときに「そろそろ底値になって上昇に転じそうだ」というふうな予測を立てて買うわけです。「いまは上昇局面だな」「いまは下降局面だな」というように現在のトレンドを確認してから売買する順張りとは対照的ですね。

 

逆張りのメリットとデメリット

それでは、逆張りでトレードすることのメリットとデメリットはいったい何なのでしょうか?ここでは逆張りの代表的なメリット・デメリットを確認していきましょう。

逆張りのメリットとは?

逆張りの一番のメリット、それは得られるリターンが大きくなる可能性があるということです。逆張りでは、相場が下降局面にあるときに事前に上昇トレンドへの変化を予測して投資することになるため、底値でお得に買える可能性があります。そうすると、予測通り相場が上昇局面に転じた際、利益が大きくなります。

逆張りのデメリットとは?

一方、逆張りのデメリットとして、順張りと比較するとリスクが高いという点が挙げられます。順張りはトレンドの並に素直に乗る手法ですから、そこまで大きな損失を被る可能性は高くはありません。しかし逆張りは、いわば「流れに逆らう」形のトレードになるため、もし予想が外れてそのままどんどん相場が下がってしまえば、損失が膨らんでしまいます。

逆張りでトレードを行う際は、このように、逆張りにはいわゆる「ハイリスク・ハイリターン」な面があるということをしっかり覚えておきましょう。

 

FX初心者は「無意識のうちの逆張り」に要注意

さて、ご説明した通り逆張りは一般的にハイリスク・ハイリターンだと言えるので、初心者にはあまりおすすめできません。FXを始めたばかりなら、最初は順張りのスタイルでトレードの経験を積み重ねていくのが良いでしょう。

しかし実は、FX初心者は無意識のうちに逆張りで取引してしまっていることが非常に多いのです。初心者の場合、特にはっきりとした根拠もなしに、「これだけチャートが下がってきたんだから、そろそろ上がるんじゃないかな?」「ここまで相場が上がったら、そろそろ下がり始めるだろう」という気持ちで売買してしまいがちです。論理的な根拠があるならまだしも、このように感覚に頼って逆張りをしてしまうと危険です。根拠のない逆張りは、もはや投資とは言えず、「ギャンブル」に近いものになってしまう可能性もあります。

FX投資を始めたばかりで、トレードにまだ慣れていないのなら、順張りで取引を繰り返すことによって「トレンドをしっかり掴み、その流れにちゃんと乗る」という経験を積むのが良いと思います。逆張りで大きな利益を狙うのは、その後からでも遅くはありません。

 

逆張りについてのまとめ

ここで最後に、今回ご紹介してきた「逆張り」に関して、主要なポイントをまとめてみましょう。

  • 逆張りとは、相場のトレンドとは逆方向に売買を行うトレード手法のこと
  • 逆張りのメリットは、底値で買うことにより利益が大きくなる可能性があること
  • 逆張りのデメリットは、予測が外れた際に損失が膨らんでしまうリスクがあること
  • FX初心者は無意識のうちに逆張りしてしまいがちだが、最初は順張りがおすすめ

逆張りはリターンを最大化することができる可能性のある魅力的な投資手法で、玄人好みのトレードスタイルとも言えます。ただFX初心者なのであれば、まずは順張りで経験を積むのがおすすめ。FXトレードに挑戦する際は、ぜひ今回の内容を参考にしてみてくださいね!