FX取引における順張りとは何か

FXにおける順張りとは何か?

順張りとは、トレンドの流れに乗っかった投資手法のこと

FXのトレード手法には、大きく分けて2つの種類があります。ひとつが「順張り」で、もうひとつが「逆張り」です。今回ご紹介する「順張り」は、一言で言えば、「トレンドの流れに素直に乗るトレード手法」のこと。つまり、相場が上昇基調にあるときに買い、下降局面にあるときに売るというスタイルになります。

順張りは、FX初心者からFXのプロまで、幅広く用いられる手法です。なお順張りとは反対に、相場が下がっているときに流れの変わり目を予測して買い、相場が上がったときに売るのが「逆張り」になります。

 

順張りのメリットとデメリット

順張りとは何なのかがわかったところで、順張りの主なメリットとデメリットをそれぞれ見ていきましょう。

 

順張りのメリットとは?

順張りのメリットとしてまず挙げられるのが、「逆張りに比べると、リスクが少ない」という点です。順張りは、トレンドに素直に従って、いわば「波に乗る」ような形のトレード手法。そのため、トレンドとは反対のポジションでFX取引する逆張りに比べると、大きな損をするリスクが低いのです。

また、トレンドの流れをしっかり確認してからFX取引することになるので、トレード時の心理的な安心感も大きいと思います。逆張りだと、予測したように流れが反転しなかった場合のことを考えると心理的負担も大きくなってしまいますが、順張りならばトレンド通りのトレードなので、そこまでの負担感はないでしょう。

 

順張りのデメリットとは?

一方、順張りのデメリットとして挙げられるのは、大幅な利益がそこまで見込めないという点です。順張りは、現在の相場の流れを確認した後にトレードすることになるので、底値で買うことができません。なのでリスクが低いぶん、リターンは少なめになりがちです。

もうひとつのデメリットとして、相場が上がりきったとき(あるいは下がりきったとき)に売買してしまう可能性もあるということが挙げられます。トレンドが上昇基調にあっても、当然いつまでも上がり続けるということはないので、いつかは相場は下がり始めます。チャートが上がりきった地点を天井と言うのですが、その天井で買ってしまうと、大きな損をしてしまうことになりますよね。順張りにもこうしたリスクがあることは心に留めておきましょう。

 

FX初心者なら順張りがおすすめ

ご紹介してきた通り、順張りにはもちろんメリットもデメリットも両方存在しますが、FX初心者なのであれば、まずは順張りでトレードしていくのがおすすめです。

実はFX初心者の場合、無意識のうちに逆張りでトレードしている人が多いと言われています。それは、「ここで買ったらちょっと損なのでは?」「もう少し下がったときに買ったほうが得なのでは?」というふうに、「もったいない」という感情が出てしまうから。しかし特にFX初心者のうちは、逆張りでトレードすると、チャートが予想通りに推移しなかったときのリスクも高いです。

順張りならば逆張りほどのリスクはないので、得られるリターンは少なくても、繰り返し取引をしてちょっとずつ経験を積むことで、最終的にはより高い利益を得られる可能性が高まります。逆張りしたいところを我慢して、「しっかりと素直にトレンドに乗っかる」という順張りをできるようにしておくことで、流れを見極める力がつき、その後の投資家人生にもプラスになると思います。FXを始めたばかりであれば、ぜひ順張りのスタイルに慣れておいてくださいね。

 

順張りについてのまとめ

それでは最後のまとめとして、ここまでの主要ポイントをリストアップしてみます。

  • 順張りとは、相場のトレンドに素直に従って売買をするトレード手法のこと
  • 順張りのメリットは、比較的リスクが低いこと
  • 順張りのデメリットは、得られるリターンが少なめになりがちなこと
  • FX初心者であれば、最初は順張りでトレードするのがおすすめ

順張りは、FXトレードにおける基本中の基本とも言える大切な投資スタイルです。FX初心者のうちは逆張りしてしまいがちですが、できれば最初のうちは、順張りでしっかり波に乗って取引することに慣れておきましょう!