海外FXとは何か

海外FXとは何か?

海外FXとは、海外の業者を利用したFX取引のこと

海外FXとは、「海外の業者を利用したFX取引」のことです。多くの方は、通常、日本に本社がある業者を通しFXトレードを行っていると思います。これを国内FXと言い、最も一般的なFX取引だと言えます。

その一方、海外FXでは、海外に本社がある業者を通しFXトレードを行います。海外の業者は、金融庁に登録しない限り、国内在住の日本人に対して広告宣伝活動をすることが禁じられているため、普段海外FX業者のことを聞く機会はあまりありません。

そのため、「あまり業者のことを知らないから」という理由で海外FXにマイナスイメージや不安感を持っている方もいらっしゃいます。ですが、日本国外では当然「海外FX」の業者を利用するのが当たり前ですので、「海外FX=危ない」という認識は、必ずしも正しいとは言えません。それどころか、海外FXには、国内FXにはないたくさんの利点があります。

 

海外FXと国内FX、何が違うの?

それでは、海外FXと国内FXは、どんなところが違うのでしょうか。この二つには様々な面で異なる点がありますが、一番の違いは、「レバレッジ」です。

レバレッジとは、預けた資金(証拠金)を上回る金額の取引を可能にする仕組みのこと。たとえば、10万円のお金を証拠金として預け、それに10倍のレバレッジをかければ、100万円分のFX取引ができるようになります。

国内FXの場合、日本の法規制により、「最大25倍まで」という上限が設定されています。そのため、どの業者を使っても、25倍以上のレバレッジをかけることはできなくなっています。

それに対して、海外FXなら、国内法の影響を受けないため、この上限規制がありません。つまり、25倍以上のレバレッジをかけることも十分可能なのです。海外FXにおいては、200倍や500倍といった高いレバレッジも決して珍しくありません。資金の少ない個人トレーダーにとっては、とても嬉しいポイントですよね。

 

海外FXと国内FXの違い

海外FXと国内FXの違い

 

レバレッジだけじゃない!海外FXのメリット

海外FXと国内FXを比較した際に、一番注目されるのは、上記でご紹介したレバレッジについてですが、もちろん海外FXのメリットはそれだけではありません。

ほとんどの業者において「追証」がないのも、海外FXの大きなメリットです。追証とは「追加証拠金」の略で、最初に預けていた証拠金以上の損失が出てしまったとき、その分の支払いを業者がトレーダーに請求する仕組みのことを指します。

国内FXでも「強制ロスカット」と呼ばれるシステムが存在するのですが、為替相場の急激な変動などにより強制ロスカットの発動が間に合わなかった場合、追証が発生してしまいます。その結果、国内FXでは、投資家に対して証拠金を大きく上回る多額の請求がされるということも実際に度々発生しているのが現状です。

しかし海外FXであれば、業者が「追証ゼロサービス」を提供しているのが一般的なため、仮に為替が急激に変動したとしても、証拠金の範囲以上の損失はトレーダーには発生しません。海外FXでは、口座の残高がマイナスになってしまった場合、その分のロスは業者側が負担してくれます。

 

海外FXについてのまとめ

それでは最後に、ここまでの内容を簡単にまとめてみましょう。

まず、「海外FX」とは、「海外に本社があるFX業者を利用してFXトレードをすること」を意味します。そして、海外FXと国内FXを比較したときの、主な目立った違いは以下の2点です。

  1. 海外FXには、レバレッジの上限規制がない(国内FXだと、最大25倍まで)
  2. 海外FXには、大抵の場合「追証」がない(国内FXだと、証拠金以上の損失額を請求される恐れがある)

普段FX取引をしていても、「海外FXには馴染みがない」という方も多いはず。しかし海外FXには、今回取り上げたような様々な利点が存在します。ご興味のある方は、一度チャレンジしてみるのもおすすめですよ!